Day Record - 2018-10-03 12:49:00

フードエキスポ九州 2018 大分のブースが断トツでよかった。

今日はアグリッシュが出店するというので、福岡国際センターで行われている「フードエキスポ九州2018」を取材。

ちょうど、AGSでも展示会のブース制作を進めていこうと話してたので、今どんな感じなのか調べに行った。
ちなみに開場前の準備時間に取材に入ったので、お客さんはいない状態です。

一番よかったのが、大分のブース!黒で統一されていて断トツによかった。
こういう風だと遠目からでも良さそうなものがあると一瞬で興味をひく。一つ一つ丁寧に見たいと思う。

ALL OITAという共通のロゴが各ブースに入っていて、ブランディングされているんだなと理解できる。バックパネルには綺麗な商品イメージのバナーがあって、遠目からでも美味しそうなものがあることがわかる。商品の並べ方も高さを出して、立体感とボリュームがある。一番上の商品をPRするパネルは、ライティングもしてあって、ブースの雰囲気を洒落た感じに演出していた。

その次にいい感じに統一感があったのは、熊本県天草市のブース

統一感はあるんだけど、大分と比べてバックパネルが一枚もののバナーで、利用価値の高いバックパネルが勿体無いと思った。商品が平置きでパネルも小さいのがポツポツ並んでる感じで、大分と比べたらボリューム感がなかった。それでも統一感があるので、ブースの通りに興味を引く力はあるんじゃないかと思った。

そのほかのブースは特に統一感はなかったので、それぞれの出展者で展示の仕方が違った。

宮崎県小林市のブース

福岡県のブース

佐賀県伊万里市のブース

そして我が故郷、佐賀県唐津市のブース

各ブースの仕切りが邪魔して、見通しが悪すぎる!正直一番興味を惹かれないブース通りだった。

そんな中、お世話になっている松浦漬本舗さんも出展されていた。

流石に慣れてらっしゃる!せっかく唐津市というくくりで出展しているのだから、出展企業を集めて、慣れてる企業さんの話を聞いたり、展示ブースの勉強会でも開いてから準備すればいいのに!!

他にもまだまだ出展ブースはあったんだけど、美容とかのブースと比べたら、食品関連企業のブースは微妙だった。ブースが微妙だと、商品も微妙なんだろうなと思ってしまう。

展示会って広いからまず、全体的に一通り回って、気になったところを熱心に見るって人が多いだろうから、通りすがりの数秒に興味を持ってもらえるブース作りは大事だと思う。まるでウェブサイト作りみたいだ。これはやりがいがある仕事になりそうだ。


TOP
最新記事

操作説明 2018-12-14 23:12:00

あー。やっと終わった。とある商品10万点から、とあるネットショップにどれが登録されてないかを調べる作業!その前の作業でデータを比較して該当す ...

read more ...

操作説明 2018-12-14 12:02:00

商品データなどを登録、編集したい時などに、100行以上あるようなデータに一括で同じ値を入力したい時がある。うちの場合は、商品データが10万点 ...

read more ...

WEB制作 2018-12-05 23:41:00

印刷物として作ったファイルをPDFにして、サイトでダウンロードしてもらうとか、PCが苦手な人向けにダウンロードして、FAXや郵送してもらえる ...

read more ...

WEB制作 2018-12-05 22:37:00

たまーにShift_JISで書かれたウェブサイトを更新する時があって、Sublime Text で文字化けするんで、Dreamweaverで ...

read more ...

WEB制作 2018-12-03 10:43:00

高糖度のミニトマトを作っているアグリッシュのスマホサイトで、divにかけてある白い透過が反映されない問題。PCでは反映されているし、デベロッ ...

read more ...