忘備録 - 2018-09-10 20:31:00

多通貨決済可能な海外通販カートの価格の仕様について

海外通販サイトのカートの仕様について、プログラムを修正する際に覚えておくこと。

多通貨に対応するため
システム内部でセッション変数に保存する価格は商品データが保有する日本円原価。
表示するための価格はオリジナル関数によって、その都度、利益計算をして設定された通貨の表示形式で表示される。

ここでうっかりセッションに保存されている価格が日本円であることを忘れると、
たまに修正した時にとんでもない価格が設定されるので、注意すること。

なお、この忘備録は、株式会社アディザイン自作のカートの仕様についてのみ有効。

2018-09-10修正

めんどくさがって価格表示をバラバラに作っていたので、共通プログラムに統一。


TOP
最新記事

WEB制作 2019-05-24 10:39:00

いろんな企業さんでアクセス解析を見ることが多いんだけど、昨日気づいたことがあった。 ドメインが一つに統一されていない。最近SSL導入が当た ...

read more ...

操作説明 2018-12-14 23:12:00

あー。やっと終わった。とある商品10万点から、とあるネットショップにどれが登録されてないかを調べる作業!その前の作業でデータを比較して該当す ...

read more ...

操作説明 2018-12-14 12:02:00

商品データなどを登録、編集したい時などに、100行以上あるようなデータに一括で同じ値を入力したい時がある。うちの場合は、商品データが10万点 ...

read more ...

WEB制作 2018-12-05 23:41:00

印刷物として作ったファイルをPDFにして、サイトでダウンロードしてもらうとか、PCが苦手な人向けにダウンロードして、FAXや郵送してもらえる ...

read more ...

WEB制作 2018-12-05 22:37:00

たまーにShift_JISで書かれたウェブサイトを更新する時があって、Sublime Text で文字化けするんで、Dreamweaverで ...

read more ...